人が自分らしく、幸せに生きるための
サポートをすること

 

 

コーチという言葉は、「馬車」という語源に由来しています。

「大切な人をその人が今いるところからその人の望むところまで送り届ける」という意味合いから、目標を達成したり、自己実現したりするまでサポートする人のことをコーチと呼ぶようになったといわれています。

語源からもお分かりのように、コーチングとは「人が自分らしく、幸せに生きるためのサポートをすること」です。

なりたい自分になること、夢を実現するために、本来持っている能力や可能性を最大限に発揮できるように、お互いのコミュニケーションを通して、クライアント自身の中から答えを引き出していくプロセスを「コーチング」と呼んでいます。

そのプロセスをたどる中で、コーチは、本当にクライアントが望むものを見つけ出すお手伝いをしたり、時に、クライアント自身の心の制限や、心のブレーキを外すために、障害となっていることを明確にすることもあります。

そして、クライアント自身が本当に自分の望む人生を自分の力で歩いていけるように、行動計画をたてたり、 必要なアシスト、協力体制を作っていきます。

コーチングでは「全ての答えは、その人の中にある」と考えています。

コーチはこの前提を大切にして、相手の中に無限の可能性があることを信じて関わっていきます。

なぜコーチングが目標達成に効果的なのか?

脳がやる気を出してくれる条件その1 他人からの賞賛がもらえること

脳は長く生き延びることを最重要としています。そして、体の安全だけでなく、社会的に生き延びていくためには、他人に自分を認めてもらうことも重要です。
脳は本能的にそれを知っているので「他人からの賞賛がもらえること」にはやる気を出してくれます。

コーチングでは、自分一人では、なかなやる気が出ないことや、ついつい忙しさで後回しにしがちな重要事項を、あなた自身がコーチに「目標を宣言」することで、「人から見られている」「結果を出して、相手に認められたい」という欲求が無意識に働き、目標達成に向けて着実に行動していけます。

脳がやる気を出してくれる条件その2 手順と見通しが明るいこと

脳はどれくらい時間がかかるのか?大変なのかどうか?わからないものには、やる気を出してくれません。行動に対する明確な見通しが重要なのです。

銀行が、返済の見通しが立たない人にお金を貸さないのと同じ理由で、脳も明確でない行動目標にやる気は出さないのです。

だから、コーチングでは、行動する前に、必ず“具体的”で“数値化”出来る状態にし、“期限”を決めます。

脳は、「部屋を片付ける」よりも、「机の上の書類を10分間片付ける」、「営業成績をあげる」よりも、「テレアポを1日15件、訪問営業1日5件」というような具体的で手順と見通しの明るいものにやる気をくれます。

自分では中々できない具体的なアクションプランと期限を切ることをコーチと一緒にやることで、無理なく目標へ向かって行動していけます。

「情熱の炎」を火消し役から守り、躍進するコーチング

情熱の炎を消さない仕組みづくりが、大きな成功を生む

キャンプファイヤーなどで、火を起こした経験があればおわかりかと思いますが、火は放っておけばやがて消えてしまいます。

消さないためには、風や雨から火をまもり、薪をくべ続ける必要があります。

情熱も同じです。

コーチングを定期的に行うことにより、自分の夢や目標を否定し、やる気を奪う火消し役から影響を受けないようになる心の強さを鍛えていきます。

また、時に、目標を定めても、障害にぶつかり、行動を起こさないままになってしまうこともあります。その場合でも、その体験や結果から学んだ ことをコーチに話してもらいます。

行動を起こせなかったとしても、コーチがクライアントを責めることはありません。 むしろ、何が障害だったのかをしっかりと見極め、確実に前に進めるように再度一緒にアイディアを出し合っていきます。

これは、ビジネスで言えば、目標実現のため、計画(PLAN)を立て、 行動(DO)をし、 確認(CHECK)をするというPLAN DO CHECKがコーチングによって定期的にできるということです。

このように絶えず、あなたの情熱の炎を消さない仕組みづくりがコーチングによってできるので、あなたの目標達成、成功へのスピードが速まります。

コーチングで結果が出る人・出ない人 

コーチングで結果が出る人の特徴

  1. 内観(自分の内面・心と向き合えること)ができる。

  2. 考えに柔軟性があり、自分だけの考えに固執しない。

  3.  行動力がある 。

  4. 物事や人に対して、好意的・機会的に受け止められる。

  5. 約束を守る 。

  6. 自分の決定、行動に責任をもてる。

  7. 自主性があり、精神的に自立している。

コーチングで結果が出ない人の特徴

  1. 内観する(自分の内面を見つめる)ことを恐れる。
  2. 考えが0か100か極端な考えに固執してしまう。
  3. やる前から、あきらめてしまう傾向が強い。
  4. 物事や人に対して、否定的に捉える。
  5. 約束を守れない 。
  6. 言い訳が多く、何事も他人のせいにする。
  7. 「誰かがやってくれる」と思い、依存心が強い 。