相手を尊重し、自分の気持を素直に伝える
アサーティブ・コミュニケーション研修

研修の概要

多様化する社会の中で、働く人々の価値観も多様化しています。その中で、相手の状況や気持ちを尊重しながら、自分の主張を率直に伝えることは風通しの良い、生産性の高い職場作りに必要不可欠です。またアサーティブなコミュニケーションスキルを習得することはハラスメントの防⽌や社員のメンタルヘルス向上にも繋がります。この研修ではセルフチェックにより自分のコミュニケーションのパターンを知り、自分がアサーティブな対応ができないケースについても洗い出し、対処法を考え現場でのコミュニケーション向上を目指します。

課題・お悩み

  • 立場や価値観が違う相手でも、攻撃的でも受身的でもなく、率直に話し合いのできるコミュニケーション力を養ってほしい

  • 自己表現

  • 社員に相手の気分を害することなく、「ノー」と言い交渉できるスキルを身につけて欲しい

  • ミスを繰り返す部下に、パワハラにならないよう、適切な注意・指導が行えるスキルを上司に身につけて欲しい

研修構成

プログラム内容

【1⽇】

  • なぜアサーティブが必要なのか

  • コミュニケーションの3タイプ

  • 自分の自己表現のタイプを知る

  • 意見を伝える前の感情の整理(意見と事実を分ける)
    アサーティブ・コミュニケーションを使った実践ワーク(叱る・頼む・断る)

  • DESC法の活用

  • 実際の現場にアサーティブ・コミュニケーションをどう活かすか

この研修で期待できる効果

  1. 風通しの良い職場づくりができる

  2. 相手も自分も大切にしたコミュニケーション法がわかる

  3. パワハラにならない部下への指導法がわかる

研修導入事例

  • 新入社員への社会人として必要なコミュニケーション研修として

  • 相手に意見を伝えることを怖いと思う社員の苦手意識を払拭する研修として

  • リーダー候補社員の部下指導力向上のための研修として

  • 署間のコミュニケーション活性化のための研修として

講師より

コミュニケーションが上手くいかない時、「アサーティブ」を理解すると関係を建設的に変えることができます。「アサーティブ」はお互いの違いを認め、気持ちのよいコミュニケーションをとるための考え方とスキルです。今までは自己表現に躊躇したり、誤解されることに恐れを抱いたりしていた方も、率直な自⼰表現は難しいことではなく自分を助け、良い人間関係を構築するものだと理解していただけるのではないかと思います。

料金

※受講規模・人数により異なります。詳細はお問合せください。

 

 

研修事例一覧