一覧に戻る

三重大学にて就職支援のセミナーを担当

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日は三重大学の就職支援のセミナーを担当しました。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-三重大学

今回の三重大学でのセミナーは、以前、名古屋大学様で私が担当した就職セミナーに三重大学の学生さんも参加されており、「是非、三重大学でもやって欲しい!」と声を上げていただき、三重大学の女性研究者支援室のパールリーダーさん達が、中心となって、学校側に呼びかけていただき、開催の運びとなりました。 参加されたかたが、満足してくださって、それが口コミとなり、いろいろなところでセミナーをさせていただけるなんてことは、本当に講師としてありがたいことです。 今回は、女性研究者の方も多く参加していただいけました。 女性研究者が自分の研究を続けて行こうと思うと、誰かに研究を替わってもらうわけにもいかないので、結婚、出産、育児、介護などにより、研究が止まってしまう。その研究を何年後かに再開できるかどうかも、時代の流れや予算的にわからない…。 だから、女性研究者が結婚することをためらう、もしくは結婚と同時にやめざるえないという状況もあります。 そこで、もっと女性研究者が研究に没頭できるように、三重大学では、女性研究者支援室を中心に、女性研究者の支援を行われています。 とっても、良いことだなって私も感じました。わたしは、デザイナー時代、激務でしたが、なかなか長期的に休むとか、他の仕事に移行することはできませんでした。 それは、少しでも、マックでデザインする現場から、離れると、デザインをするスピードが落ちる(他が遅くなる)ので、再度、その仕事に戻るのが困難になるからです。 だから、デザイナーも、結婚、出産したら仕事を辞めてしまう人がほとんどです。 女性にはついて回る、結婚、出産、育児と仕事が両立できる環境の整備が本当に必要ですよね。 また、セミナーの感想は明日アップしますね!

一覧に戻る