一覧に戻る

ドリルはどこにありますか?

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 マーケティングでよくいわれるのは、 「お客様はドリルが欲しいわけではない、穴をあけたいだけだ。」 という言葉です。 仮に、店頭でお客様から、「ドリルはどこにありますか?」と聞かれたとしても、 お客さんの用途を聞き、 1. ドリルの場所を案内する 2. 店内のサービスで、穴をあけることができることを伝える 3. もっと便利で適切な穴をあけるものを紹介する など本質的なニーズを満たしたほうが、結果としてお客様の満足度を高めるという例えです。 4月といえば、新入社員研修として、マナー研修などが、各所で行われています。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-研修 名古屋

これは、お客様に失礼のないよう、最低限のマナーは身につけるということが、目的の場合が多いです。 私の場合は、就活にまつわるマナーをお伝えさせていただくことが多いです。 でもここでも先ほどのドリルと同じことが言えます。 「お客様は、正しい敬語や挨拶が知りたいわけではなく、気分よく過ごしたいだけだ。」 このように、お客様は感じのいい人に対応してもらい、気分よく過ごしたいという本質的なニーズがあります。 だから、「相手を思いやる気持ち」が強い人は、それだけで、かなりの部分合格点です。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

相手のことを思って、行動できるからです。 しかし、そうした心が不足している場合、育てるのには、時間がかかります。 心が育つまでの間、まず形、マナーから入ることも大切です。 インドの修行僧はまず、自分の中の欲や雑念を捨てるために、一番始めにすることは、姿勢を正すことだそうです。 $一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ 正しい姿勢の中には、なかなかダラダラした気持ちは入り込みにくいですもんね。 だから、きちんとした姿勢で挨拶する、正しい姿勢で座るなどのマナーは心を育てるために大切です。 心はいつも、外側と内側がつながっています。 内側と外側の両方を育て活用することを私の研修では大切にしています。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.s.あなたの外見と内面はいつも繋がっています。 ■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■ ~「あなただけの似合いの法則」を見つける骨格分析講座~ 2012.4/15(日) 18:30~20:30 http://fine-color.com/6-11.color.html/kokaku/index.html あの服が似合わないのは自分の骨格を知らなかかったからだった! 自分の骨格を知れば、もっと魅力的なコーディネイトができる! ■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-骨格分析 名古屋

ダウン ランキングに参加中!昨日は14位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る