一覧に戻る

カラー研修 岐阜の福祉施設 デイサービスセンター彩風様にて

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 岐阜県にあります、デイサービスセンター彩風様にてカラーの研修を担当しました! いつも忙しい、ケアマネさん達が沢山集まってくださいました。 福祉施設に使う色を少し工夫するだけで、利用者さんが使いやすくなることが沢山有ります。 また、色の効果を理解する事で、普段忙しく、家庭と仕事の両立が大変なケアマネージャーさん達のストレスケアや、リラックス、やる気の充実、集中力のアップなども可能です。 色は、身近にあって、お金をかけずに、変化を起こせるものです。 皆さんも、上手に活用してくださいね!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-福祉施設 研修

●研修にご参加いただきましたケアマネージャーさんたちの感想 ●毎日、いろんな色にせっしていて、あまり、ここまで意識していませんでした。しかし、本日公開研修で詳しく色の説明があり、一つ一つの商品、品物、信号等、色が影響しているのは、とても大きな事で、自分でもこれから意識して行きたいと思います。現在は訪問介護をさせて頂いて、食事作りでも色の配色を考えて、食欲が出るように公開研修を活用できたらよいと思いました。(S.Hさん) ● デジサービス、グループフォームで、イス、壁の色等購入する時悩んできました。壁の色、扉の色等を利用して認知症の方が自分の部屋だと理解できる話を聞いて、是非活用していこうと思いました。写真、イラストで文字でわかりにくい場面もフォローできそうなので、使っていこうと思います。 ● 今日は楽しいお話をありがとうございました。 無意識の中でいろいろな行動をしているという事は良くわかりました。 頭で考えなくても、自然に体が動く事やしゃべっていることの理由がわかりました。私たちと同じ感覚ではない認知症や障害者の人と接する事の違いを改めて実感しました。ありがとうございました。(Iさん) ●あっという間の一時間半でした。盛りだくさんの内容で勉強になりました。 子供から小売れ者まで共通して感じ取れるものなので、普段から気にしています。服、食卓の配膳等です。日によって好む色も違うのは、心理的なものなのかと、これからも色を大切にしていきたいと思います。(K.Kさん) ● 訪問の押し後です。普段ではあまり着ない、ピンク、赤、黄色等明るい色を1つはいれるようにしています。その方が伺った時に利用者さんのお顔があかるくなられるような気がするからです。今日のお話を伺って、なるほどと再認識しています。楽しかったです。ありがとうございました。(M.Kさん) ● 1時間半、あっという間に和気あいあいと件数が出来て楽しかったです。色の持つ役割は、大きいという事がよくわかりました。色でイメージが決まることに考えさせられてしまいました。何気なく着ている服にもメッセージが出ているのだという事を考えて着ようかなと思いました.生活の中に色彩を積極的に取り入れて行きたいとおもいました。短い時間でいろいろな事にきづかしていただけました。ありがとうございました。(E.Eさん) ● とても楽しい時間でした。色の心理的な意味を少しわかるとこれから、人に合ったときの味方が、少し違った角度からみられます。また、認知症の方によいカラー、とてもさんこうになりました。今日の研修は100%記憶に残りました。自分の周りの人にも話してみようと思いました。ありがおつございました。(M.Tさん) ●あっという間の1時間半でした。いつも、なんとなくモノを選んで無難な物ばかりに囲まれて生活しています。これからは、もっと意識して色を選んで活用しようとおもいます。子供達からは、穏やかで優しいと評価され、喜びの反面、モノ足りなさを感じていましたので…。 初対面の方とも交流できて楽しかったです、(T.Mさん) ● 色という物の面白さを再確認させていただき、意義のある時間でした。このむ色というものは、そのときの体調とか、心理的な状態で変化するという改めて面白く聞かせて頂きました。今後の心理面のケアでも役立てられるのいいと思いました。本日は、ありがとうございました。(S.Hさん) ● ありがとうございました。参加型の講義で心に残りました。施設に帰ってからも、スタッフと一緒にもう一度勉強したいと思います。今日はとても勉強させていただきました。(T.Hさん)

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-福祉施設 研修

ダウン ランキングに参加中!更新が出来ず、あえなく昨日は22位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る