一覧に戻る

桜と日本人

桜の季節ですね。あなたは、もうお花見をしましたか?

桜は本当にキレイで、日本人には愛されている花ですよね。

あのピンク色、桜色がいいんですよね。

[ 大辞泉JapanKnowledge ]によると、

桜色=桜の花びらのような色。肌などの、ほんのりと赤みを帯びた色。

と定義されています。

春の訪れを感じさせる象徴的な色ですよね。

昔から、桜餅、桜貝、桜鯛とピンク色のものには、桜(さくら)という字を冠にしたものが多いですよね。

桜(さくら)とつくだけで、可憐でちょっと、高級感、というか贅沢な感じがしませんか?

それは、桜がもつ、短命=儚い=だからこそ、価値があるというような部分を連想させるからでしょうか?

今日、桜の枝にとまった鳥が動く度、桜の花びらがハラハラと舞って、桜のはなの美しさと儚さを感じていました。

潔さを美徳とした昔の日本人にとって、パッと咲いて、ぱっと散る桜のはななさは、潔さにも通じていたのかもしれませんね。

うちの近所の桜

p.s

あなたは、桜をみて何を想いますか?

一覧に戻る