一覧に戻る

色で巡る東京

土日は東京で新たなキャリアデザインを学びながら過ごしました。

新幹線を降り、新橋からはじめて、ゆりかもめに乗りました。

新橋と言えば、日本の伝統色である、新橋色というのがあります。

新橋色と色名につての由来のご参考に

私は、新橋駅におりって、『ここが、新橋色の新橋か~。』と感心しておりました。

そして、ゆりかもめに乗り込み、ゆりかもめの素敵なデザイン性にまた見とれていました。

それは、何かというと…

各駅のドアのガラスの模様です。

芝浦ふ頭の駅の窓の模様

台場駅の窓の模様

船の科学館駅の窓の模様

他の乗客に怪しまれる中、私の激写した窓ガラスの柄のデザイン。

すごく、かわいくて素敵ですよね。

これは、日本の伝統色で配色し、各駅を象徴したデザインにすることで、みんなに駅を識別しやすくし、そして、透明なガラスへの衝突防止にも配慮したユニバーサルデザインなんです。

ゆりかもめの駅文様について詳しく知りたい方はこちらから

私は、日本の伝統色も、日本の文様とかも大好きなので、本当に感激しました

ゆりかもめかわいい!

名古屋もこんなかわいい駅ができたらいいな

p.s

色で巡るゆりかもめの旅、いつか、あなたもしてみてください。

色に興味のあるあなたにオススメ!

センセーションカラーセラピー講座

あわせて今日の人気ランキングをチェック!

一覧に戻る