一覧に戻る

有能か無能かをわけるシンプルな法則

カラーセラピーと一言で言っても、さまざまな流派があります。 私がお伝えしているのは、センセーションカラーセラピーという10本のカラーボトルを使用するものです。 一般的に一番有名なのは、オーラソーマというカラーセラピーだと思います。オーラソーマは108本(年二1本ぐらい増えているので、現在の正確な数はわかりませんが…。)の二層に分かれたボトルを使用します。 それぞれに、良さがあります。音譜 オーラソーマは、ボトルの本数が多いので、華やかで、イベント等では目を惹きます。 しかし、ボトルの維持費がかかる、いろいろと覚えることが多い、学ぶ費用が高額、スピリチュアルな要素がふんだんに入っているので、そちらが苦手な人は苦手などのデメリットもあります。 センセーションのボトルは10本とシンプルで、経済的、料金も他のセラピーよりも低額、歴史から色の意味まで基本的なことが網羅されていて覚えやすい。 反面、オーラソーマのような華やかさがない、シンプルな分、お客様と接するときのセラピストの話しの進め方、力量が問われる。 こんな風に、どちらっもメリット・デメリットが存在します。 なので、良い悪いではなく、本人の合う、合わないだということを前提にお話したいと思います。 そして、私のところへは、「オーラソーマが合わなかった…。」「挫折した…。」という方も多くこられます。 多くは「スピリチュアルすぎてついていけなかった…」「数秘術など覚えることが多すぎる…。」 などがその理由です。 私は、脳の仕組みを活かした心理学が専門なので、その立場から言うなら、 「脳は、複雑なものはコントロールできない。」 という法則があります。言い換えれば、 「脳は単純化を好む」 ということです。 その点でいうなら、ボトルの数も少ない方が、覚えやすいといえます。 そして、何よりも大切なのは、「知っている数ではなく、どれだけそれを使いこなしているか?」ということです。 つまり、 沢山の知識や情報を知っているけど、何一つ使っていない人数は少ないがその知識や情報を、使い続け、活用し続けている人 ではどちらが有能になれるでしょうか? 答えは明白ですね。使わない知識は錆び付きます。 有能か無能かをわかけるシンプルな法則とは、自分が知っている知識や情報をいかに使っているかにかかっています。 実践に勝るものはありません。 あなたも是非、知っている人ではなく、使っている人になってくださいね! $カラー&心理で毎日はもっと楽しくなる!しびれるようなHAPPYカラーライフ!-ボトル p.s あなたは知識や情報を活用していますか? ダウンダウンダウン2日間で資格をカラーセラピストの取得!講座の詳細はこちらから http://fine-color.com/color-therapy/index.html ダウン ランキングに参加中!今日は何位かな?にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ にほんブログ村

一覧に戻る