一覧に戻る

メイク依存症にならないために

ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 メイク依存症なるものがあると、テレビで放映されていました。 最近は、小学生からメイクをする人も多いようで、その影響か、素顔を人に見せるのが怖い。自信がないという人が増えているとか…。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-メイク

メイクに依存しなければ、自信がないため、厚化粧になったり、すっぴんは絶対人に見せないなど、行動が極端、制限ができてしまう結果に。 これでは、日常生活に支障をきたします。 では、どうすれば改善するのか? 専門家によると、自分の自己イメージをアップするには、メイクではなく、 1. 髪型 2. 色 の2つがよいとか。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-カラーセラピー

確かに、パーソナルカラーなどで似合う色がわかり、それで洋服等を選ぶと、内側から湧き出るような自信がでます。 結局、自信がないというのは、自分を知らないからなのかもしれません。 良さがわからないので、外側からからの情報、流行や皆と同じことをやっていれば、安心等、外側の軸で生きてしまう。 すると、いつまでたっても自信は持てません。 自分の軸がないからです。 だから、自分を知ることがなければ、自分の強みがわからないのです。 だから、自分を知って、自信を持つことって大切です。 その第一歩は、自分の色を知ることでも、楽しくて良いのではないのかなって思います。 p.s.自分を知るために、一歩踏み出してみませんか? ダウン ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る