一覧に戻る

なぜ神社仏閣は朱色の建築がが多いのか?

ダウンいつも、応援ありがとうございます。
まずは、カチッと応援クリックお願いします!
 ランキングに参加中!昨日は13位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆
にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。

京都へ大阪の友人と八坂神社、清水寺、平安神宮などパワースポットを回ってきました。

そこで、今日のテーマ「なぜ神社仏閣は朱色の建築がが多いのか?」です。

八坂神社

これは諸説あるのですが、

1.朱色は、魔力になる色ともされ、古代の宮殿や神社仏閣の建築に多く用いられた。

2.鳥居に関しては、鳥居の「鳥」中国の五行説の中で、朱雀(しゅじゃく)で、色の象徴は「赤」。
古代中国「五行」思想で、中央が黄色(黄帝)、東が青(青龍)、北が黒(玄武)、西は白(白虎)、南は赤(朱雀)とされています。

3.朱色の原材料は朱丹です。これは昔から木材の防腐剤として使われてきたため。

なんて理由があります。

理由がわかるとさらに興味深く神社仏閣がまわれますよね!

清水寺

お盆ということで、清水寺も普段なら参拝できない奥まで入ることができました!
意外と混雑してなくてラッキーでした。

パワースポットの音羽の滝のお水もしっかりいだだきました♪

平安神宮

p.s.色に歴史あり

ダウン ランキングに参加中!昨日は13位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆
にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

●関連記事

カラーセラピーの資格をとるなら!失敗しないスクール選びとは?1

失敗しないカラースクール選び2 講師の性格

失敗しないカラースクール選び3 講師の経歴

違いがわからなければ、選ぶ事ができない

あなたの選ぶ基準が問われている!?

カラーセラピーの知識がなぜ、しっかり身に付くのか?この記事をみればわかります!

他のスクールとファインのカラーセラピー講座は何が違うのか?

ファイン・メンタルカラー研究所のカラーセラピスト養成講座はこだわりがいっぱい!

センセーション・カラーセラピー講座の詳細はこちらから
次回開講予定 土日コース)又 平日予約制
Android携帯からの投稿

一覧に戻る