一覧に戻る

なぜ、青の他人ではなく、赤の他人なのか?

ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は12位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 赤の他人といいますが、青の他人とはいいません。 なぜでしょう? 答えられそうで答えられない語源 知っているようで知らない日本語クイズ/二見書房 ¥500 Amazon.co.jp そんな疑問が、この本に書かれています。 赤の他人といいますが、全く関係のない人のこと。 赤には何もないという意味があります。 全裸は赤裸、赤っ恥をかくなど、つまり赤の他人は何も関係ないことをしめします。 明らかにという意味もあるんですが。 赤には何もないという意味があるので、青にはそれがないので、青の他人とは言わないんです。 明日は、青について書いてみよう思います。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.s.色って面白いですよね。 ダウン ランキングに参加中!昨日は12位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ ●関連記事 カラーセラピー  チャクラを自己成長に活かす! カラーセラピーの資格をとるなら!失敗しないスクール選びとは?シリーズ1 カラーセラピーの資格をとるなら!失敗しないスクール選びとは?シリーズ2 カラーセラピーの知識がなぜ、しっかり身に付くのか?この記事をみればわかります! 他のスクールとファインのカラーセラピー講座は何が違うのか? ファイン・メンタルカラー研究所のカラーセラピスト養成講座はこだわりがいっぱい!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-カラー教材

例えば、このような目で学べる視覚効果を活用したオリジナル教材を沢山使用し、わかりやすく、楽しく学べる工夫が満載です! センセーション・カラーセラピー講座の詳細はこちらから 次回開講予定 土日コース10月13・14(日・月)又 平日予約制

一覧に戻る