一覧に戻る

ナチュラルメイクがウケる理由とは?

メイクについて、所さんの目がテンという番組で面白い比較がありました。 なぜ、フィギアスケートはシンクロよりメイクが濃くないのか? というものでした。まず、シンクロはこのように濃いメイクが主流です。

シンクロ

出典:http://www.jiji.com/jc/olympic?p=syn012&d=d4_spo&s=photolist これは、審査員からの距離がはなれているからだそうです。 もっとも近くても、15mも審査員と距離があるシンクロではメイクは濃くしないと表情、美しさがつたわりににくい。 一方、フィギアスケートでは、審査員のすぐ目の前まで選手が来て演技をする場面もあります。 その際は、審査員に違和感を与えないメイクをすることが重要だそうです。

フィギア

出典:http://www.jiji.com/jc/2014sochi?d=d4_mao&p=mao100-jpp016770020&s=photolist フィギアスケートの場合、メイクは、曲、衣装、演技で表現される女性の世界感とメイクがあっていることが大切とも紹介されていました。 そして、番組ではアナウンサーが対面販売で、ナチュラルメイク、フィギアメイク、シンクロメイクで販売し、どれが一番売れるかという実験をしました。 すると、 一番売れたのはナチュラルメイクでした。ベル 一番うれなかったのは、濃いシンクロメイク。こちらは、お客様が近くに来ることさえ、少なくなってしまいました。あせる これは、厚化粧は心理的にみると「ペルソナ」=仮面をかぶっているのと同じ。 店員が仮面で本来の自分を隠しているので、お客さまが無意識に警戒してしまうのです。 化粧ひとつで、印象も売り上げもかわるんですね!

一覧に戻る