一覧に戻る

強さ

本当の強さとはなんでしょか?

私の購読メルマガ、「仕事のヒント」神田昌典365日語録-にこんな一文がありました。

「弱きものは、相手を打ち負かし、強きものは、相手を許す。」

解説:

間違いを犯さない人間はいない。

罪を糾弾することは簡単だが、本当に難しいことは罪を許すことである。

相手を打ち負かせば、あとには悲しみが残るだけ。

だと。

私は、この文章を見て、マンガの北斗の拳を思い出しました。

虎がラオウを見たときは、ウーとうなり、遅いかかろうとしました。-虎は恐怖したのです。

しかし、

虎がケンシロウを前にしたとき、ただ目をつぶりました。-とらは死を覚悟したのです。

だれかがあなたを非難してくるとき、相手はあなたを恐れているのかもしれません。

あなたの苦手意識が伝わる時、相手は噛み付いてくるのかもしれません。

でもあなたが圧倒的に相手を受け入れ、許したなら、相手はただ静かにたたずむかもしれません。

許しにつての本が沢山でています。

それだけ、許す事はカンタンではないのかもしれません。

わたしも、全てを許す領域には、まだまだ至っていません。

ただ、本当に強い人って、強そうな戦闘的な人ではなく、ただ静かに穏やかなひとなのではないかと感じています。

穏やかな静寂を目指して、精進していきたいなって思います。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは本当の強さをもっていますか?

一覧に戻る