一覧に戻る

好かれる人 VS 嫌われる人

先日、友人達と1年ぶりに集まっていろいろな話をしました。

そして、コミュニケーションにつていの話もいろいろでました。

そして、コミュニケーション力の高い人と、そうでない人の違いみたいな話もでました。

それをまとめると…

コミュニケーション力の高く好かれる人の特徴

1.電話に元気にでる。

自分が、腹がいたかろうが、ちょっとブルーなことがあろうが、今電話をかけてきた人には関係ないので、元気またはニュートラルで対応できる。

逆に嫌われる人は、気分が良い時と悪いときの落差が激しい

つまり、気分にむらがある

好かれ人は気分にムラが少ない

お笑い芸人の千原兄弟のジュニアさんのタイプも、気分にムラが少ない子だそうです。

昨日は、ノリノリだったのに、今日は、ツンとしているような子だと、ふと電話しようとしたり、デートに誘おうとおもっても、

「今日は、気分のいい方のあの子かな? 悪かったら嫌だしな~。どうしよう。」

と考えてしまい、足が遠のくそうです。ジュニアさんいわく、いつも変わらない港のような人でいてほしいそうです。

たしかにそうだな~。って思いました。

コミュニケーション力が弱い人、嫌われてしまう人の特徴として、やはり、自分の気持ちだけを優先してしまう甘えがあるように思います。

自分がブルーだから、相手にもわかってほしいし、やさしくしてほしい。

自分のブルーな時は、不機嫌でも許してほしい。

これは、相手よりも、自分優先の傾向があるといえるかもしれません。

そして、嫌われてしまう人の、もう一つ重要な傾向は、この不機嫌や、甘えを自分の大切な人、優しそうな人にぶつけてしまうことです。

私も、どうも、あまり怒らないタイプでなんでも受け止めてくれそうなタイプとして見られることがあります。

もちろん、ケンカとか嫌いだし、どちらかというと穏やかでご陽気なタイプだと思います。

しかし、時々、怒らなそうだから甘えて八つ当たりのようなことをしてくる方がいます。

これは、やはり、迷惑としか言いようがありません。

優しそうな人、キャパが広そうだから、八つ当たりや不機嫌に接しても受け入れてくれるのではないかというのは、甘えです。

そして、優しそうな人、キャパの広そうな人も、自分に優しく・ニュートラルに接してくれる人のほうが居心地がいいのです。

だから、もし、甘えで、不機嫌や八つ当たりをしているとしたら、大好きな人、優しい人の心は次第にその人からは離れていくでしょう。

自分の機嫌は自分でとるものであって、人にとってもらうものではないのです。

人にとってもらうといのは甘えです。

そして、好かれる人はいつも自分で自分の機嫌を上手にとり、常にニュートラルな状態でいる努力をしている人だといるでしょう。

誰にでも、体調不良も、アクシデントも失敗もあり、気分のいい時ばかりではありません。でも、上手に自分の機嫌をとってコントロールして行ける人と、他の人に当たり散らす、不機嫌に過ごす、いじけるなど自分の機嫌を取れない人では、大きく人間関係が変わってきます。

自分で、自分の機嫌を取ることって、大切ですね。

そんなことに気づいた、集まりでした。

自分の感情をコントロールする

セルフコーチング講座はこちらから

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは上手に自分の機嫌がとれますか?

あわせて今日の人気ランキングをチェック!

一覧に戻る