一覧に戻る

NLPコミュニケーション体験講座の感想

今日は、NLPコミュニケーション講座でした!

いつも、冬になると教室が北側なので、すごく冷えるのですが、今日は大丈夫でした!

最近、脳の仕組について、学べば学ぶほど、身体が大切だということを痛感しています。

脳は体の中に格納されています。

五感、体を使って外の情報を撮る以外に、外部との接触はできません。

脳を鍛えようと思ったら、実は、体を鍛える必要ありなんです!!!

そう、フォーカシングという心理学でもいわれますが、体に感じる感覚に耳を傾ける事は、自分の潜在意識に耳を傾ける事なんです。

今日は、そんなお話をしました。

●感想

日常で活かして行ける事が見つかったきがします。

アソシエイトするのが苦手なので、今後はそれを意識してコントロールできるようになりたいです。

自分のK(体感覚)の要素がどこでいかされているかを探して、能力開発につなげていきたいです。

自分の身近な問題を講座で取り上げてもらえるので、とっても役に立ちます!。(STさん)

前回もおもったことでしたが、他人の問題に影響を受ける…が大きいことがさらによくわかりました。アソシエイトとディソシエイトの訓練は気をつけてつづけていきたいと思います。

「イメージトレーニングに重要なのは身体感覚」

この文面は字面としては意味は分かってるつもりですが、現実に、身体の観価格をかんじてみるのは考えたことがないので、これから気をつけてみようとおもいます。

こういう教科や実習が小学校からあるといいと思います。(H.Kさん)

感覚を高める事自体はあまり上手にできませんでしたが、必要性は感じることができました。

私も茂木さんの本よんで「わかる」と「できる」は違うとおもったので、日々実践してKを高めて行きたいです。ありがとうございました。(M.Iさん)

 

一覧に戻る