一覧に戻る

努力の反対は怠惰ではない!?

「努力の反対は怠惰ではない。」

こんな言葉を本の中に見つけて、では努力の反対は何?と読み進めてみると、

「努力の反対は怠惰ではない。感謝である。」

とありました。

なるほど~。と思わず感心してしまいました。

努力って大事だし、日本人の美徳とも言えます。

でも、“努力している!”というのは、あくまでも、自分の力でやることです。

人にやってもらうものではありません。

しかし、時に“努力が一番大事”と思っていると、人に厳しくなってしまうときがあります。

「甘えている!」「努力が足りない!」など。

江原啓之さんが以前、言われていたのですが、

「努力は大切です。でも、努力が全てだと思っている人は、努力ではなんともならない事態に直面するときがある。」

これは、きっと感謝を知ることに通じるのだと思いました。

努力でやってきたと自負があると、自分の力でどんなこともやり抜いたと思いがちで、“生かされている”という感覚があまりもてないかもしれません。

でも、自分ではどうしようもない出来事が、スッと解決されたり、思わぬ助っ人が現れたりして、天地の力ともいえる九死に一生を得るような体験をすると人は感謝せずにはいられなくなります。

自分以外のいろんな力が作用して、今自分が生きていることを感謝することが大切ですね。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは、今日、何に感謝しますか?

視点が広がり多くのことに感謝できるようになるファインのコーチング講座はこちらから

http://fine-coaching.net/coaching/shokyuu/shokyuul.html

一日体験もあるよ!8/1(日)

http://fine-coaching.net/coaching/coaching6.html

一覧に戻る