一覧に戻る

時間泥棒と目標達成の関係

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 私は、神田昌典さんのメルマガを読んでいるのですが、今日も興味深い1文を見つけました。 —————————– 神田昌典365日語録より キーワード: お金にならないコミュニケーションを強要する人を、時間泥棒という。 解説: 仕事上では、時間は金。だから、時間は盗まれてはならない。 「ちょっと会いたいんですが・・・」という見込客の成約率は低いから、 会ってはならない。 —————————– ビジネスメルマガなので、表現はビジネスよりになっていますが、この「時間泥棒」というのは1つキーワードです。 例えば、ビジネスでなくても、日常生活でも、「時間泥棒」はゲリラ的に出没します。 例えば、 ・「ちょっと、話しを聞いてよ…」と永遠に愚痴をこぼす人。 ・毎回、飲みに行こうと誘ってくる同僚・上司。 ・どうでもいいうわさ話を話しかけてくるご近所の人。 ・寂しいからかまって欲しいたけだけのためにかかってくる長電話魔な人。 ・相談と称して上記のような内容を話す人。 等、日常生活に「時間泥棒」は沢山います。 もちろん、自分もヒマな時は、「時間泥棒」に付き合って時間をつぶすこともできますが、自分が達成したい目標、夢、やるべき仕事がある人には、この「時間泥棒」は少々やっかいな存在となります。 自分の貴重な時間を奪われてしまうからです。 「 Time is money 時は金なり 」時計お金 私も以前、たいした用件はないけど、毎晩長電話をかけてくる知人に困ったことがありました。 自営業なので、夜でも仕事をしている私としては、毎晩作業の手が止まってしまうのは大変キツいことだったのです。あせる そして、私が思うのは、「時間泥棒」になるかならないかの分かれ目は ・自分に夢や目標があるか? ・自分に打ち込める趣味や仕事があるか? ・自分の好きなことがわかっているか? といことに尽きると思っています. 例えば、どんな人でも、自分が仕事で忙しい時や試験勉強に追われている時、子育てに奮闘しているときに「時間泥棒」になることはできません。 忙しいからです。 しかし、ひとたび、ヒマになった時に「時間泥棒」に変身してしまう危険もあります。 でも、 ・自分に夢や目標がある ・自分に打ち込める趣味や仕事がある ・自分の好きなことがわかっている 人は、基本的にヒマになることがないですよね? いつも、やりたいこと、やるべきことが見えていて、行動しているからです。 人生は1度きり、「時間泥棒」から身を守ることも、自分が「時間泥棒」にならないことも大切です。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

「Photo by.空色地図」 p.s あなたは「時間泥棒」になっていませんか? ダウン読者登録無料でできます! ハッピー心理学!~人生に奇跡を起す潜在意識活用法~ http://archive.mag2.com/0000188064/index.html ダウン ランキングに参加中!今日は何位かな? にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ にほんブログ村

一覧に戻る