一覧に戻る

不況でも売れる店には理由がある!販促にも心理学!

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 不況でも売れる店には理由がある! 年明けから、どこもバーゲンセールをやっていますね? あなたは、何か購入されましたか? 私は、いろいろなお店をみながら、モノが売れない時代と言われますが、売れているお店もあるし、そこには理由があると感じました。 例えば、 20代前半のOL層を中心に 高い人気を誇る ブランド KarL Park Lane. http://www.karlparklane.jp/new-arrival.html このお店、OLさんたちで、大混雑、大人気、試着待ちも30分以上当たり前の人気でした。 私なりに、このお店の人気の理由を分析しました! 1.とにかく、店員さんの感じがいい 2.サイズ展開が7.9.11号など幅広い 1.とにかく、店員さんの感じがいいというのは、本当に笑顔で、「サイズお探します。」など感じのいい対応で、ついつい買いすぎてしまうほどです。 2.サイズ展開が7.9.11号など幅広いというのも、最近は細身のデザイン、サイズ展開が多いから、これは女性には嬉しいですよね。 特に1番の感じがいい店員さんに接客されていると、お客様は気分が良くなります。 人がお財布の紐が緩むのは、気分の良いときです。 これは、私がよく、販売員さん向けの研修でもお伝えすることなのですが、 いくら良い商品、お値打ち価格でも、店員さんの態度が悪く、気分が悪いときは買いません。 だから、商品のラインナップ、店舗の立地以上に、販売員さんの接客態度が重要です。 不況でも、感じのいい店員さんのいる店は商品が売れます。これは、昔からいわれているシンプルな法則です。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-販売員研修

p.sあなたは、シンプルな法則を実践していますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は20位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る