一覧に戻る

便利さと引き換えに失ったもの

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日は、非常勤講師を務めるスクールでのコミュニケーション(セラピー)の授業でした。 最近は、どこでもコミュニケーション力を鍛えるための講座や研修を取り入れている企業やスクールが多いですね。 それだけ、社会で求められるようになってきている。逆に言うと、コミュニケーションが上手く取れない人たちが増えているともいえます。 私たち、人間は生物的には大変弱い存在です。 牙も鋭いツメも持たず、服を着なくては、暑さ寒さを防げない動物は、人間ぐらいです。 そんな私たちが、なぜ、長い間、生き残れてきたのは、知恵を持ち寄り、仲間同士で 「コミュニケーションをとってきた」 からです。 生き残るために不可欠な能力「コミュニケーション」を向上させることは、社会としての急務になっているかもしれません。 何でも自動化が進んだ現代で、人と関わらなくても、多くのものが簡単に手に入るようになりました。 便利さと引き換えに私たちが失ったもの。 それが、人とコミュニケーションをとる機会の減少です。 これから時代は、ますます便利な社会になります。だからこそ、意識してコミュニケーション能力を伸ばしていかなくては、いけない時代になったのかもしれませんね。 p.sあなたは便利さと引き換えに何かを失っていませんか?

一覧に戻る