一覧に戻る

愛の貧乏脱出大作戦から学ぶ人生を軌道に乗せるために大切なこと

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 先日、チラッと愛の貧乏脱出大作戦というテレビ番組をみました。 その番組は経営が崖っぷち飲食店経営者を繁盛店の経営者が手助けして再起を図るという内容です。 そして、今日は1年前にそれで再起を図ったラーメン店を、抜き打ちチェックに行くというものでした。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

1年ぶりにそのラーメン店に訪れると、再起を図った当初は流行っていた店も、経営者が手を抜いて、今はあまり客足が伸びないという結果で終わっていました。 味ややり方を丸ごとマネしたのに、どうしてこのラーメン店は上手くいかなかったのでしょうか? そう、先ほども語ったように「手を抜いた」からです。 つまり、 “どんなラーメンを売るかではなく、誰が売るか” もっとシンプルに言えば、 “何をやるかではなく、誰がやるか” がいつも大切なんですよね。 もともと、人に感謝の気持ちがあり、一生懸命仕事に取り組む人は、何にでも一生懸命取り組みます。 しかし、いい加減な人は、どんなことにもいい加減な取り組みをします。 だから、学生の就職試験でも、「学生時代に頑張ったこと」は必ず聞かれます。学生時代に頑張らなかった学生が社会人になって仕事で頑張るとは想像できないからです。 だから、採用試験で必ず試験管が質問します。 “何をやるかではなく、誰がやるか” 結果が出るか、でないかは“やり方よりもあり方”が問われます。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.sあなたは、どんなあり方で仕事に望みますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は12位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る