一覧に戻る

言葉の表現力が気持ちの豊かさを生む?

言葉の表現力が心の豊かさを生む? 言葉の表現力の広がりは、実は感受性、心の豊かさに関係あるといわれています。 例えば、一時期、小学生が話す言葉が ・ かわいい ・ うざい の二つで全て表現される傾向にあると言われていました。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

日本語の表現には、 美しい、奇麗、愛らしい、ほのぼのしている、等いろいろな表現があるが、それらが全部「かわいい」になってします。 また、 腹が立つ、イライラする、煩わしい、面倒だ、しつこい、口うるさい、等野表現も全部「うざい」で済 まされる。 これは、一見、内容がなんとなく伝わるので、問題はないように思うかもしれませんが、 言葉が少ない=細やかな気持ちを感じ取れないことに繋がってきます。 自分の気持ちを細かく表現できないのは、自分の気持ちを分析できない。 分析できないと、コントロールできないことにも繋がります。 たかが言葉、されど言葉なんですよね。 p.sあなたはどんな言葉で気持ちを表現しますか?

一覧に戻る