一覧に戻る

試されることが成長の時

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 昨日は、非常勤で担当しているスクールの心理学講座の試験でした。 カウンセリングの実技試験で、みなさん、緊張した面持ちでした。 最近、思うのは、試験とか自分が試される場を持つことって大切だということです。 締め切り、試験、そんなものがあるので、人は本気になったり、真剣に取り組む機会を得ます。 アップルのスティーブ・ジョブスは、よく、技術開発者たちにむちゃくちゃな注文をしました。 スティーブ・ジョブズ名語録 (PHP文庫)/PHP研究所 ¥580 Amazon.co.jp みんなが、「無理だ…。」というような。 でも、無理な注文に応えることで技術は進歩し、若き技術者も成長する。 だから、開発が終わってみれば、「無理をしてやってよかった」という者もの多いとか。 試される時、人は成長します。 試される機会がないのは、楽で得なことではなく、成長する機会を逃す残念なことなのです。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.s.あなたは、どんな試される機会を持ちますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は33位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る