一覧に戻る

本質を知らないことの不幸

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。

本質を知らないことは、不幸だなと思うとことがありました。

以前、こんなことがニュースになったと聞きました。

小学校の給食について、保護者から、

「うちの子に頂きますを言わせないでください。」

という申し出があったとか。

理由は、

「給食費を払っているので、頂きますを言わせないでください。」

というものです。

これは、「頂きます」の本当の意味をわかっていたら、こんな問題は起きなかったと思います。

「頂きます」は、命を頂くから頂きますなのです。

また、例えば野菜なら、自分の口に入るまでに、多くの人の手によって、育てられ、収穫され、運ばれ、調理されます。

多くの人との見えない関わりを経て、食べ物を頂き、自分の命をつなぐから、「頂きます」なのです。

お金を払って食べる、食べないの問題ではありません。

マナーという本質を知ることで、人は謹み深く、感謝して過ごせます。

今は、形だけしか知らず、そのマナーの本質を教えている家庭が減ってしまったのでしょうか?

また、心理的にも、人は感謝しているとき、自分の痛みを忘れて、幸せを感じることができます。

人は、感謝しながら、苦しみ続けることはできません。

だから、感謝することは、相手のためだけでなく、自分ためでもあるのです。

多くの感謝をできる人は幸せです。

だから、一日三回、「頂きます」を言えることは幸いなのです。

P.Sあなたは、本質を知り、多くの感謝をしていますか?

ダウン ランキングに参加中!昨日は33位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆
にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

Android携帯からの投稿

一覧に戻る