一覧に戻る

あなたのどんな所を相手に知ってもらいますか?

交流分析で使われるジョハリの窓。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-ジョハリの窓

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 人間関係自分も相手も知っている窓が広い方が、ストレスも対人トラブルも少ないといわれています。 自分も明るい、周りからも明るいと思われている。 たとえば、この場合矛盾がなく、ストレスもありません。 しかし、 自分は繊細だと思っているけど、相手からは何も気にしない人だと思われていたらどうでしょう? 相手から悪気はなくても、からかわれたりして、繊細であるがゆえに傷つくかもしれません。 だから、自分のことをオープンにして、相手に自分のことを知ってもらうことって重要なんですよね。 そして、相手からのフィードバックを受けることも。 それで、私はというと、なんと、周りの人からあまり料理作らない人だと思われていました!!!! 「なんでやねん!作るっつーの!!!」と大阪弁で突っ込みを入れたくなるかんじでしたので、 最近は、フェイスブックにて料理掲載してます。

ジョハリの窓でいう「開かれた窓」を広げるためです。

p.s.あなたのどんな所を相手に知ってもらうと、あなたはもっと幸せになれますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は22位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る