一覧に戻る

美しい敬語は争いをさけられる。

ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は25位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 昔から口は災いの元といいいますが、逆に美しい敬語で、相手に対して丁寧に話をすると争いをさけることができます。 それは、今回の小保方晴子さんの会見でも感じました。 言葉を選びながら、丁寧に答えていくことで、佐村河内守氏の会見と異なり、記者からも厳しい追及、言葉が荒くなる様なことはありませんでした。 言葉も態度も大切ですね。 例えば、美しい言葉で、このようなスーツで謝罪するのと、

タメグチで、ラフな服装で謝罪するのでは、同じことでも受ける印象が変わります。

心は目に見えないし、触れないので、話す言葉や態度で心を見える形にしなければ、相手には伝わりません。 気をつけたいことですね。 p.s.あなたは美しい敬語が使えますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は25位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る