一覧に戻る

人間関係を左右する心理ゲームとは?

今日は、ハートステップカレッジ様にてコミュニケーション心理学講座でした。 交流分析の考え方の中に、「心理ゲーム」という考え方があります。 心理ゲームとは、最後に決まって嫌な気持ちになるのに、ついつい繰り返してしまう人間関係の癖です。 ・繰り返し遅刻をする ・職場を退職してしまう など無意識のうちにこんなこと繰り返しているあなた、それは心理ゲームかもしれませんよ。

心理 名古屋

深層心理で「自分はたいした人間ではない…。」なんて思っていると、いつも自分をいじめるような人を引き寄せたり、肝心なところで失敗するなんてこと繰り返したりしてしまいます。 また、常に誰かを馬鹿にし、粗探しをしてないと自分に自身が持てない人もゲームをしています。 つまり、ゲームとは「セルフイメージ=自己概念」が大きく自分の人間関係や人生の大きな決断などに影響しているのです。

悩む

今日はそんなお話をしました。参加者からは講座が終わると「内容濃いな~」と皆さん、考え深いご様子でした。 私が心理学をお伝えするときは、本に書いてあるような理論、形式だけでなく、必ず、参加者、一人一人の人生に結びつけ考えてもらうようにしています。 使えない知識など意味がないから。 そのために、「こんなことはありませんでしたか?」「ご自分の経験・体験と結びつけてください。 と何度も参加者に呼びかけます。 だから、ぼーと受身では参加できないのが、私の担当するセミナーです。

人間関係

p.s.いつかあなたとも人生について語り合いたいですね。

一覧に戻る