一覧に戻る

心と空

こんにちは、楽しく名古屋のカラーセラピーパーソナルカラーの資格取得ができるスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 最近、カウンセリングやカウンセラー養成のための傾聴訓練などを担当させていただいております。 私は良く心を空に例えることがあります。 空は見る場所や、時間によって、ガラリと表情を変えます。

同じ場所から見ても、朝と夕方ではまるで違います。同じ時間でも違う場所からみたら、空の景色は全く違うものに見えます。 でも、全て空です。 そして、一部の景色を知ったからと言って、全ての空を理解したということはできません。 空は刻々と表情を変え続けているからです。 心も同じです。 時々、「前勉強した〇〇というセラピーではこうなのですが、このセラピーは違うのですか?」 という方がいます。 空が広大のように、人の心も空のように広大です。 ある心理学は南の高窓からの景色から人の心を分析し、ある心理学は北の大地に寝転んで空を仰ぐように分析する。 やり方も結果も違って当たり前です。だからセラピーでも心理学でも多くの流派が存在します。 心を一つの物差しだけで見て、全て理解したと思い込むのはあさはかです。

またある人は、「自分以外、他人の心には興味がない」という方もいます。 自分の空には興味があるが、相手の上に広がる空には興味がないと言っているのと同じです。 空は誰の上にも広がっていて、共通なのです。 相手の気持ちがわかるということは、自分の気持ちがわかるようになるということです。その逆もしかり。 空を見て天気が分かる人が雨を避けることができるように、人の心が分かる人はトラブルを避けることができます。 無人島で暮らしていない限り、全ての人は心を知ることが幸せに生きることに繋がると私は感じています。

p.s.あなたの心は空のように広がっています。

一覧に戻る