一覧に戻る

繋がるはずのツールで嫌われる人

こんにちは、楽しく名古屋のカラーセラピーやコーチングの資格取得ができるスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 ブログ、Facebook、TwitterとSNSが広がるなかで、注意すべき点について、SNSで著名な方が書いていた記事で、納得と思ったものがあります。 自分でもいろいろな情報を発信できる、誰かのブログやFacebookにも気軽に書き込める時代。 何気なく、書き込んだコメントが、相手にとって失礼な言葉だったりして、繋がるはずのツールが関係を悪化させるもとになりかねないという内容でした。

確かにですよね。 もう一つ、私が思うのは、メールという手段で、知らない人、または関係が薄い人でも簡単に相手に連絡がとれるという所です。 友達でなくても、簡単に連絡が取れる。 だから、そこを勘違いして、自分で考えるべきことやその相手に聞くべきことでないことも、さらっとメールしてくる人がいます。 メールという手段が仲の良い人とそうでない人との境界が甘くなった結果ですね。 でも、人との距離感を分からず、家族や友人にするように、くだらない質問などを忙しい人にするなども嫌われますよね。 専門家に無料でいろいろと質問、聞こうとする人も増え、困っているという話も良く聞きます。 メールを返信するって、メールが苦手な人や時間のない人には結構手間なんですよね。しかも質問は一言でも、回答は長い場合が多いですし。 そういった気遣いが出来ない人は、やっぱり、繋がるツールで、人の気持ちが離れていく結果に…。 やはり、便利なツールでも、いつも自分のことだけでなく、相手のこと考える気遣いが大切ですね・

p.s.あなたは、繋がるツールの使い方大丈夫ですか? ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は21位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る