一覧に戻る

人生の方向転換

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 4月から美容系の専門学校で、心理学をベースにしたコミュニケーションと接客の授業を担当することになりました。 1年間のコースで、内容もテキストも全て私が作るということで、最近はその作業に追われていました。 以前、デザイナーとして仕事をしていたので、ついつい文章だけでなく、見た目のレイアウトなどにも凝ってしまい、時間がかかっています。 以前、痛めた首が、長時間のパソコンに向かう姿勢で、悲鳴をあげています。あせる 社会人になりたての頃の私の夢は、一流のデザイナーになることでした。 そのデザイナーをやめて、こうして講師業をしている理由の1つには、デザイナーを続けるには、肉体的に無理があったとうのもあります。 ある日、朝起きると、ちょっとでも動くと足先までしびれ、寝たきり生活をしばらく送ったときがあります。ガーン それ以来、思い荷物をもったり、寝る姿勢が割ると、次の日、寝込むほど具合が悪くなるという状態になりました。 デザイナーの仕事は、毎日長時間、朝の9時から夜の12時ぐらいまでパソコンの前に座って作業するのが普通です。 しかし、それをつづけると、肩こり、ひどい頭痛、吐き気など様々な不調に毎日さらされることになります。 そして、時代は、ワードなどの普及により、昔はデザイン事務所や印刷会社に頼んでいたような印刷物をみんなが家庭で作るようになりました。パソコン

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

当然、デザイン業界の仕事は減り、安い仕事を大量にこなさなければ生き残れない時代とはいりました。 そのとき、自分のキャリアについて考え、「このままでは、仕事をつづけていくことは難しいだろう」という結論にいたりました。 他にも、理由はあるのですが、私がデザイナーから方向転換した1つの理由です。 こんな風に、人生は自分の予定どおりには、行かず、方向転換を考えなければならないときもあります。 そんなとき、いい方向転換するためには、自分のキャリアをどう描くか、どのように進めるかを考えるための「軸」が必要です。 明日は、この「軸」についてお話しますね!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.sあなたの人生も方向転換を迫られたときはありませんか? ダウン ランキングに参加中!昨日は12位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る