一覧に戻る

成果を上げる能力とは?

ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 ドラッカーによると ドラッカー名著集1 経営者の条件/ダイヤモンド社 ¥1,890 Amazon.co.jp 成果を上げる能力とは 1.自分の強みを知る 2.貢献を重視する 3.成果が上がる意思決定 4.時間を把握する 5.最も重要なことに集中する 1.自分の強みを知る (自分の強みを理解し、努力する) 2.貢献を重視する (人や社会の役に立つよう考える。自分だけではダメ) 3.成果が上がる意思決定 (1.2を理解し、やると決める) 4.時間を把握する (無駄な動きをしない) 5.最も重要なことに集中する (あれもこれもはダメ) 等、ドラッカーが長年多くの会社を見る中で、成果を上げる経営者や社員を分析した結果このような条件があがってきたとか。 確かに、大切なことが詰まっていますね。 強みを知り、分析し、検証(それが本当に強みかどうか検証する)ことが大切だともいわれていますので、私も検証してみる事にします!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-研修 名古屋

p.s.あなたは、成果を上げる能力を発揮していますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る