一覧に戻る

富士山にて

朝焼けと夜の富士山。

富士山を見ながら、ティック・ナット・ハン氏(禅僧)の姪、アン・フーさんを囲んでの瞑想会。 「私たちはいつも急いでいます。 もっと遠くに行かなければという思考に支配されている。 未来を目指している。 そこにいる誰かが、何かが自分を幸せにしてくれると思っているから。 でも、自分の外側に自分を幸せにしてくれるものはありません。 頭が未来に行くから、今、ここにいられなくなる。 何処にも行く必要はありません。 私たち今、ここにあることで幸せになれます。 幸せは、自分の内側から沸き上がるものです。」 そんなアンさんの言葉をききながら、いろいろな瞑想を実践しました。 じく禅僧の板橋老師の言葉に 1分座れば1分の仏。 1日座れば1日の仏。 というのがあります。 ほんの一時でも、呼吸とともに今、ここにいることができれば、誰でもブッダに触れることができる。 富士山を見ながら、ほんの一時、ブッダに触れたいと思います。

P.S. おやすみなさい。

一覧に戻る