一覧に戻る

2月22日は猫の日

2月22日は猫の日です。

にゃん、にゃん、にゃんだからです。

早いもので、うちのニャンコ先生も我が家に来てから、10年以上経ちます。

昔、松山千春さんが、

「付き合っていて、1人で10曲、歌が書ける女も入れば、付き合っても1曲も書けない女もいいる。」

と語っていました。 

それでいうと、うちのニャンコ先生といると毎日のように歌が作れます。

雨雨降れ降れ母さんがの替え歌で

「あれ、あれ、アカ君、アカ君は~。どーしてそんなに、甘えん坊~。アカキュン、アカキュン、アカ、キュン、キュン」

と親バカな歌が、いろいろあります。

うちのニャンコ先生は亡くなった友人の猫を私が引き取り、暮らし始めたのですが、私がその友人と過ごした年月は5年。

若くしてなくなった友人より、その友人の猫だった、ニャンコ先生と暮らした日々の方が10年と長くなったって、なんだか不思議な感じです。

人生は何が起こるかわかりませんね。

初めに、友人宅で、ニャンコ先生と出会ったときは、まさか私と一緒に暮らす日がくるなんて夢にも思っていなかったのに。

一瞬、一瞬の出会いと出来事を大切にしていきたいですね。

アカの紹介ページ

p.s

あなたの10年はどんな10年でしたか?

一覧に戻る