一覧に戻る

愛しい人の存在を誰も消し去ることはできない

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 お盆が過ぎましたね。 我が家の近所はかなり、下町なので、お盆は、いろんなところで、送り火が焚かれていました。 我が家は、天国のにゃんこ先生(アカ)を、好きだったキャットフードと焼き海苔でお迎えしました。 アカが亡くなって、1年以上が過ぎました。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-アカ

私の最愛のにゃんこ先生は、生前も、亡くなってからも、変わらず愛おしい。 そして、気付いたことがあります。 昔から、私は、犬や猫など動物が大好きでした。小学校の頃から、就職先は「ムツゴロウ王国」と決めていたほど。 そして、アカが亡くなってからは、よりいっそう、動物に対して気持ちが深くなったように思います。 近所のワンコにも、野良猫さんにも。 なぜか? すべて、アカのイメージを無意識にかぶせて見てしまうからです。 全ての動物が愛おしい。 でも、心理学やスピュリチュアルの世界では、イメージをかぶせず、“ただありのままに相手をみる”ことが、相手を大切にすることであり、エネルギーを消耗せず、良いことだと言われています。 例えば「花火」を見るとき、あなたはもう純粋に夏の花火を見ることはできません。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-花火

いつも、過去の記憶というベールをかけて、「花火」を見るからです。 過去にお祭りの「花火」など楽しかった思いでがある人は、「花火」楽しいといイメージの中から眺めます。 でも、昔、「花火」で恋人と別れたなんて人は、「花火」を切ないというイメージの中から見つめるからです。 だからもう、あなたはもう純粋に夏の花火を見ることはできないのです。 私も同じです。 街角の、犬や猫を見て、 ・ アカも、こうやって寝てたな~。 ・ 高いとこ好きだったな。 と、イメージをかぶせてしまうのです。 そして、祈ります。 ・ 長生きするんだよ。 ・ 飼い主さんに大事にしてもらいなよ。 ・ 危ないことしないでね。 その、小さな命がまっとうできますようにと。 13年間、アカは私の暮らしの中心にいました。そして、亡くなってもなお、私に影響を与え続ける愛しい宝物です。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-アカ

p.s命は消え去っても、あなたの愛しい人の存在を消し去ることは誰にもできません。 ダウン ランキングに参加中!昨日は17位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る