一覧に戻る

自然に学ぶ人生の生き方

川や木、自然界のものに真直ぐなものはなく、みんな曲がっています。

なぜ、曲がっているのでしょうか?

私のやっているカラーセラピーでは、川の曲がりくねった動きは、柔軟性を示すと言われています。

自然は状況に応じて、柔軟に変化しています。だから状況に合せて曲がっているのかもしれません。

そして、

川は、上から下に流れます。

草木は、太陽に向かって枝を伸ばし、葉を茂らせます。

このように自然には一貫性があります。 そして、同時に柔軟性を持っています。

川は上から下へという一貫性を保ちながら、そのためならルートは選ばない柔軟性を発揮しています。

この自然界の教えは、人の生き方にも共通するのではないでしょうか?

目標を掲げたら、そこまでの手段は自由に変化させる。

手段・やりかたにこだわりすぎると、人は目標を見失ってしまうことがあります。

常に柔軟性を発揮すること。柔軟性を発揮するために、広い視点をもつことが大切なんですよね。

ダーウィンも言っています。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である』

変化するための視点と、変化するための勇気が人間には必要なのかもしれません。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは自然から何を学びますか?

一覧に戻る