一覧に戻る

ストーリーがある地下通路

名古屋のルーセントタワーから、名古屋駅につながる通路は、私が大好きな通路です。

そこには、ストーリがあります。

魚が泳いでいる壁画は青、カエルが跳ねている所は緑、など色が変わって行きいます。

そして、各絵の、すみには猫がいます。

私は、これは、猫が散歩する、目で追うコースを壁画で示したのかなってっおもいました。

そして、最後は、大きな猫の影で終わります。

天井のしっぽと足がわかりますか?

こんなかわいい壁画はなかなかありませんよね~

そして、人はストーリーが好きです。物語が好きなんです。

私の好きな作家の中谷さんは、お金持ちに慣れる人は、生き方や、そこまでの道のりにストーリーがある人だっていいます。

ストーリーがなければ、口コミされない。

ストーリーのある人は、口コミされ、成功する人だって。

確かに、歴史に名を残すような、偉人にはストーリーがありますよね。

そして、アメリカ大統領選で勝利した、オバマ大統領の演説にも、沢山のアメリカのストーリーが含まれていました。

物語になるような生き方大切にしたいですね。

p.s

あなたは今日、どんなストーリーを生きますか?

自分のストーリーをみつけるソースベーシック講座(2日間!)

一覧に戻る