一覧に戻る

男性だってビジュアルを気にする時代?!

男性も最近は、ずいぶんオシャレになってきましたよね?

成功するビジネスマンの必須項目でもある見た目。

あなたは気にしていますか?

例えば、たとえ読まなくても、家に大きな本棚があって、そこにずらりと本が並んでいたら、その家の持ち主は読書家だという印象を与えます。

家にグローブとバットがずらりと並んでいたら、その人がたとえスポーツをしなくても、スポーツマンだと思われます。

そう、見た目はたとえ内容が伴っていなくても、相手に与えたい印象を与える力があります。

もちろん、長年見た目倒しのままではいけませんが、自分に自信や実績がないときは、見た目の印象を利用する事も大切です。

ファイン・メンタルカラー研究所では、男性のためのビジアルカラーにも力を入れています。

こんな感じで、ネクタイを変えるだけでも、印象は大きく変わります。

映画でもドラマでも衣装は大切です。

今、話題の坂本龍馬のドラマでも、衣装をわざと砂埃で汚し、強く生きる庶民の暮らしをリアルに表現しています。

見た目の演出がドラマの人気も、ビジネスの成功も左右する時代がきています。

p.s

あなたは、見た目の印象を気にしていますか?

パーソナルカラーアナリスト養成講座についての詳細

http://personal-color.info/index.html

一覧に戻る