一覧に戻る

見た目を決めるもの

見た目を決めるものには、色々ありますが、一説にはこういわれています。

色40%、柄30%、形20%、素材10% 

そう、色だけではトータルコーディネイトはできません。

なので、最近は形や素材といったテイストについても学んでいます。

そして、好まれる形の原点は人体美にあるともいわれています

画家のセザンヌは、『自然を球、円筒、円錐で処理せよ』と言っています。

そして、それは、私たちの人体そのものが、頭は球体、胴体は円筒、手や足は円錐として構成されているとみるながら、それはまさに好まれる形の原点は人体美にあるといえます。

今は、そんなことを勉強しています。

情報化社会の中で、どんどん学んでいかなくては、知識は古くなるばかりです。

そして、その中でも、普遍的で、本質的なシンプルなものを吸収し、あなたに伝えていけたらとおもっています。

そして、私が、勉強できるのは、ファイン・メンタルカラー研究所の講師・スタッフ・ボランティアスタッフ達が、いつも支えて、講座をもり立てくれているからです。

おかげさまで、ファインでは、私以外の講師、セラピスト、スタッフ達が活躍できるようになりました。

私は、いつも思います。

『ファインの講師はそれぞれ、個性があって、どれも面白い。同じ講座だけど、他の先生の講座も聴きたいから、再度受講しよう!』

なんて、いわれるほど、それぞれの個性を伸ばして、みんなが活躍できたらいいなって思ってます。

ファインの講師陣が活躍する講座

カラーセラピ個人セッション

カラーセラピスト養成講座

左手で描くパステルアート

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたにそう思ってもらえるように、頑張りますね♪

一覧に戻る