一覧に戻る

服装を変えれば、人生が変わる!?

私は、「仕事のヒント」神田昌典365日語録というメルマガを読んでいます。 その中で、面白い記事を見つけました。 +++++++++++++++++++++++++++ キーワード: 経営スタイルを変えたい場合には、 自分のファッションをまず変えることにより、 その変化を社員に示すことができる 解説: すべての出来事には意味があり、連動している。 会社が次の段階に進む際には、 社長のファッションも会社のイメージに合わさなければならない。 社長が以前と同じファッションだと、社員は変化を感じ取れず、 次のステージへの移行への障壁となってしまう。 「仕事のヒント」神田昌典365日語録より +++++++++++++++++++++++++++ これは、本当にその通りだと感じました。 例えば、私はデザイナーだった当時、ファッションと言えば、かなりカジュアルでした。 もちろん、職場の仲間も同様です。 夏なら、ジーパンにTシャツ。 周りの髪型も、金髪や、無精ヒゲスタイルの人もいました。 逆に、デザイン系の職場で、営業以外のデザイナーやオペレーターがスーツやオフィスファッションをしていると浮いてしまいます。 しかし、現在、講師業をやり始めて、私はスーツで過ごすことがほとんどとなりました。 もちろん、パステルとか、アーティスト制作よりのお仕事などは、ラフなスタイルで望むこともありますが、通常の講座ではスーツです。 そして、今、出会う人たちもスーツを着ている人たちが圧倒的に多いです。 働き方の変化はファッションの変化を伴います。 もっと言えば、私は講師の仕事が多くなる前から、必要でないうちからスーツを買うようにしていました。 スーツを買って、準備をしておくことで、スーツを使うような仕事が増えるという前提を潜在意識に刻み込むためです。 そして、私は本当に、スーツが必要なお仕事を多くさせていただくことになりました。 役者で、主役をはりたい人は、脇役の頃から、主役の台詞の練習をしています。 いつ、自分が代役に立って、主役を演じることになっても大丈夫なようにです。 チャンスは、準備している所に舞い込みます。 そして、準備で一番簡単なのは、ファッションやカラーといった、見た目を変えることです。 これには、そんなに大規模な準備も費用もかかりません。 わずかな投資と、準備で人生を変えれるアイテム、それが見た目(服装、髪型、それにともなう色)です。 $カラー&心理で毎日はもっと楽しくなる!しびれるようなHAPPYカラーライフ!-「Photo by.空色地図」 「Photo by.空色地図」 p.s あなたのファッションはあなたの人生を表しています。 ダウン ランキングに参加中!応援クリックお願いします!にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ にほんブログ村

一覧に戻る