一覧に戻る

見た目で売り上げが変わる!?

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 この前、TVで、取り上げられていたのですが、下着メーカーのトリンプさんでは、店頭のブラジャーのディスプレイは、 全てB75のサイズのブラをマネキンにディスプレイする というのが鉄則なのだそうです。この理由は 1.日本人に一番多いサイズはB75 2.マネキンに飾ったとき、一番キレイに見えるサイズがB75 という2点です。 これは、全国のすべてのお店で徹底されているとか。これによって、売り上げが左右されるといいます。さすが、大手、一番キレイに見えるサイズのデータをとっているんですね。素晴らしい!! 店頭に並んだときの見た目、これは消費者の無意識にダイレクトに訴えかけてきて、売り上げに影響を与えます。 だから、販売員さん達も、お店のディスプレイには気を使います。 私は、販売員さん向け研修も担当しますが、見た目、色の影響力につていもお話しています。 そして、お客様に洋服をすすめるときなら、やはり、相手がキレイに見える色や、相手の気にしていることをカバーして上げる色選びが大切です。 ・シミ・シワがきになる。 ・肌の透明感をアップしたい。 ・顔色がわるくみえるので、よくみせたい。 ・痩せてみせたい。 など、女性がキレイになりたい欲求は人によって異なります。 だから、その色が、お肌にどんな効果をあたえるのかということを知っておくとが大切です。 お客様にあった色の洋服の提案ができれば、売り上げもあがり、お客様からの信頼もアップします。 小さな違いが大きな成果を生みます。色の勉強も大切ですね。 $一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-カラーメルマガ p.s 色はあなたのお店の売り上げにも貢献します。 肌にあったカラーを提案する力を養うなら、ファインの パーソナルカラー講座がオススメ!

一覧に戻る