一覧に戻る

パーソナルカラーアナリスト養成講座 名古屋

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日はパーソナルカラーアナリスト養成講座 名古屋 の日でした。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-パーソナルカラー スクール 名古屋

色の3属性を基本に、モデルさんの似合う色をカラードレープをめくりながら診断していきました。 しっかりと理論を学び、そして実際にカラードレープを当てたときに、その色が顔色にもたらす影響にきづけるかどうかをしっかり練習していきます。 「イエローベースの色で、良く見える場合の反応と悪く見える場合の反応は?」 「このドレープは、清色、濁色?」 など、いろいろな質問を受講生さんにしながら授業は進みます。 これが、カラーアナリストとして活躍する際に、色を見分ける実力を養うことであり、同時にパーソナルカラー検定のモジュール3を受検する際にも役立つ内容となっています。 似合う色の診断ができたら、受講生さん同士で、お似合いの色の口紅を調合して、モデルさんにメイクをしていただきました!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-パーソナルカラー講座 名古屋

モデルさんが普段、お使いの口紅と、似合う色をつけたときの顔映りがまったく違って、に合う色を選ぶ重要性をまた皆で実感しました。 そして、似合う色がわかり、テンションがあがる受講生さんを見ると、 「パーソナルカラーで似合う色を診断することで、目の前の人を瞬間でHAPPYにすることができるんだぁ!」 と改めて気づかされます。 色は、人を幸せにしますね。 パーソナルカラーモデルさんの感想 ●今まで服を選ぶときは似合う色というよりは、自分の好きな色をよく選んでいました。赤やピンク系統の色ばかりを選び、青や緑は一、二度は使ったことがありますが、そのときは、似合っていないような気がして、それ以降は使ったこともありませんでしたが、もしかしたら、自分には最も合わない青や緑を買っていたのかもしれません。 服は季節ごとに買う色が偏っていて、春は淡いピンク、夏は白か黒、たまにピンク、アキは薄い茶色、赤、しろ、冬は白黒、赤とパターンが決まっていましたが、今日、選んでいただいた色を参考に違う色もかってみようかなと思います。 化粧品も同様で、自分には似合わないと思い込んでいる部分もあり、ほとんどシャドウやチークを使わずにいたのですが、折角ですので、いろいろと使ってみようかなと思いました。(M.Yさん)

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-パーソナルカラー 名古屋

パーソナルカラー講座 名古屋 受講生さんの感想 ●久しぶりの講座の日でした。モデルさんのパーソナルカラーが決まって、今まで使ってみえた化粧品と色のベースが違ったものを使用されいて、会う色をつけられた時にかなり若く見えて、すごい違いに驚きました新しい色を見つけられて、とてもイキイキされていました。普段の自分の色も大丈夫かと気になりました。まだまだ、色の見え方など、もっと復習するところがあるので、がんばりたいです。(R.Tさん) ●久しぶりだったので、緊張しましたが、始めのころに比べて見分けがつくようになったと感じています。やはり、数をこなすことが大切だと思いました。このよな機会を修了生の私にも与えていただき、本当に感謝しています。(H.Tさん) P.S.あなたは、自分を幸せにする色を身につけていますか? ダウン ランキングに参加中!昨日は12位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る