一覧に戻る

パーソナルカラーアナリストの実力を付けるために必要なこと

こんにちは、楽しく名古屋のカラーセラピーパーソナルカラーの資格取得ができるスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 カラーアナリストとして、似合う色をお客様に提案するためには、色を見分ける力が必須です 。 ファイン・メンタルカラー研究所では、その力をしっかりご自宅でもつけて頂くためにカラーカードによる配色練習の宿題をお出ししています。 そうすることで、講座内では、カラードレープを使った、実践的な診断時間を増やし、時間を最大限に活用できます。 さらに、授業が行われていない時にも、しっかりと色に触れ、色感を高めることができます。 こうした繰り返しにより、知らない間に色を見分ける力が養われ、カラードレープによるカラー診断がぐっとやりやすくなります♪

だから、宿題って大切なをやです! そして、春夏秋冬に別れる4シーズン分類によるコーディネイトを理解するための雑誌の切り抜きも家で作業して頂き、授業ないで、「なぜ、この服はこのシーズンなのか?」ということをお伝えしながら、講師がチェックをします。

「この服は春と冬の色が混じっているからボツとして、スクラップブックには貼らないほうがいいですよ。」 など、あくまでもお客様に分かりやすく提案できる色を基準に切り抜きをチェックします。 切り抜き作業は結構時間がかかるため、中には一生懸命切り抜いた切り抜きをボツとしたくないため、 「え!これダメですか~。」汗 と嘆く方がいますが、心を鬼にして 「ダメです。」 とお伝えします。 目的は色をしっかり見分け、お客様を混乱させないパーソナルカラー提案をすることで、 自分の切り抜きの苦労が報われることでも、自分の意見(色の見立て)が通り自己満足を得ることではないからです。 ダメ出しを受け入れ、自分を成長させていける人だけが真の実力を身に付けることができます。

P.S. 実力をつけて、お客様に喜ばれるカラーアナリストを目指してくださいね☆ ≪関連記事≫——————————————— カラースクール選びに迷ったらこちらを参考に↓カラーセラピーの資格をとるなら!失敗しないスクール選びとは?1失敗しないカラースクール選び2 講師の性格失敗しないカラースクール選び3 講師の経歴違いがわからなければ、選ぶ事ができないあなたの選ぶ基準が問われている!?カラーセラピーの知識がなぜ、しっかり身に付くのか?この記事をみればわかります! ●他のスクールとファインのカラーセラピー講座は何が違うのか?自分を成長させるカラースクールを選んでますか?カラースクール選びで失敗しないために、講師の○○をチェックする!

一覧に戻る