一覧に戻る

コーチング

今日は、私のコーチングの日でした。

コーチは自分にもコーチをつけるというのが通例ですが、本当に、この人が見守っていてくれるだけで、がんばれそうな気持ちが湧いてくる人の存在とか、この人との約束は果たそうって思える存在って大切ですよね。

そんな気持ちを改めて感じたセッションでした。

そんな、存在が、コーチでも、友人でも、家族でも、いると人は自分が思っている以上の力をだせるのかもしれません。

コーチングも、スキルとかいろいろあるけど、それよりも、その人がどういう人か、どんな存在なのかってことの方がよっぽど相手に影響を及ぼしますよね。

人は理屈ではなく、感情で動く

そんな生き物なんですよね。

自分で、やらなくていけないと正論で考えることより、やりたい!って思いに突き動かされる方が行動します。

そして、コーチングもカウンセリングも伴走するって言葉があるように、同じ距離をはしるんだけど、そばで応援してくれる人がいるのといないのでは違いますよね。

人を感じること

もすごく大切ですよね。

例えば、自分一人でごはんを食べるなら、ラーメンでいいやって適当に食べるところを、人がいるとおかずを何品かつくって、ちゃんとご飯をたべたりします。

相手がいることで、自分もちゃんとしたご飯を食べて自分にも良い影響がある。

人を感じるって、結局、自分のためにも、つながるんですよね。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは誰を感じて生きていますか?

一覧に戻る