一覧に戻る

本当の意味が分かった日

今日は、ハナミズキの曲をききながらブログを書いています。

私は表立って、宣伝とかしてないのですが、最近、コーチングのクライエントさんが増えました。

そして、改めて気づいた事があります。

コーチングってとっても感動するんだ!って。

それは特別なことが起こったわけじゃなくて、ものすごい早さでクライエントさんがゴールに達したとかでもなくて。

私自身が気づくことが沢山あったからです。

よく、コーチングは馬車に例えられます。

「大切な人をその人が今いるところからその人の望むところまで送り届ける」という意味合いから、目標を達成したり、自己実現したりするまでサポートする人のことをコーチと呼ぶようになったといわれています。

マラソンでいうなら、伴走する人です。

相手を引っ張るわけでも、押したりするわけでもなく、傍らに寄り添って走る。

そして、傍らで走っていて、気づいたことがあります。

一生懸命な人のとなりを走ると、自分も一生懸命やろうって思う。

正直に生きようとする人の隣を走ると、自分も正直であろうと思う。

今自分にできる精一杯の努力をしている人の横を走ると、自分も精一杯努力しようと思う。

ぐっと自分の襟をただして、歩こうと思える瞬間がコーチングをしているといくつもあります。

そして、ある言葉の本当の意味が分かったような気がしました。

夢を叶える近道は、誰かの夢を応援すること。

その言葉の意味を、私は、誰かの夢を応援できるいい人は、その親切がまわり回って、自分に帰ってきて、いつか夢を叶えられる。そんな風に解釈していました。

でも、それは違いました。

夢を叶えようと頑張っている人を応援していると、その人の想いやエネルギーが伝わってきて、自分も頑張ろうって思って努力できるから、だから夢が叶うんだってことがわかりました。

それは、例えば、マラソン選手を沿道で応援する人や、サッカーのサポーターさんとかも同じかもしれませんが、多分、応援しながら、心は選手と一緒に走ってるんですよね。

だから、感動できる。

心を一緒に走らす事で、自分だけでは経験できないことが経験できる。

それは、俳優さんや女優さんが、役でいろんな人の人生を生きる事ができるて、それによって演じるその俳優さんや女優さん自身の人生そのものも深まっていくことに似ています。

そんな素敵なことが体験できるコーチングに感動したし、クライエントさんの大切な、一瞬、一瞬、の大切な時間と、貴重な体験を共にできることに本当に感謝です。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは誰の夢を応援しますか?

ファインのコーチングを学ぶ!体験講座

一覧に戻る