一覧に戻る

プロコーチ資格取得コース 参加者の声

コーチング講座も上級コースとなると、みんな自分のコーチとしての課題に気づき、改善、成長につとめています。 例えば、物事は、何かをはじめたら、完成を目指します。 そして、完成するとその形にこだわって、新しいやり方を試さなくなる人もいます。 でも、それはつまらないし、成長がありません。 だから、ファインのコーチング講座では、自分の形をどんどん壊して、新しい方法にどんどんチャレンジしていきます。 柔軟であること。型にはまらないこと。そんなことをテーマにしています。 いつも、私がお話するダーウィンの言葉です。 “生き残る物は、強い者でも、賢い者でもなく、変化しつづける者だ” という言葉です。 強い者が生き残るなら、地球上に恐竜が沢山いるはずです。でも、今、地球に恐竜はいません。 氷河期という変化に、対応できなかったからです。 人は、安定することを望みます。 でも、最高に安定している状態というのは、どんな変化にも柔軟に対応できる力があることです。 同じことをつづけ、形におさまることではありません。 柔軟に変化する力を養うことをファインのコーチング講座では大切にしています ●ファインのプロコーチ資格取得講座参加者の声 今日も楽しい講座をありがとうございました。上級コースに入り、どんどん、自分の苦手な所やクセ、傾向が自分でもなんとなくわかるようになりました。 悩みを解決しようと導いてしまったり、相手が望んでない話しをしてしまったり、第三者の話しをしたり、自分でも、コーチングをしながら“あれ?”と思うことを質問したり、まだまだ相手が望んでいる質問が出てこないことにきづかされました。 今回は、一人のクライエントに対して、コーチ役がふたりになり、自分が思ってもいない内容の質問をもう一人のコーチが言ってくれるという特別な講義でしたが、違う視点から考えてくれるので、クライエントの話す内容も替わるし、その話しの内容からまた違った展開になることが身近に感じられたので、凄く不思議な体験だったり、楽しかったです。 もっと、いろんなことに挑戦したいと思いました。(S.Aさん) 本日は、実践コーチングの時間がながく必死でした!でも、質問(コーチンが2人)を順番にしてくというのは、とても新鮮で、のの質問に対する答えから、新たに気づいたり、発見したりできることもあって、良かったです。 自覚しているクセで過去型の質問が多いと思うのですが、クライエントさんが前向きになれるように、未来型の解決志向の質問を沢山したいとおもいます。そのためには、普段から自分の内面もポジティブにいられるようにしなければ!(K.Sさん)

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-コーチング資格

今日は、藤本先生のやり方っておもしろいなと、また感じた日でした。 クライエントの関係構築やクライアントの基本前提に関する資料、質問例が書いてある資料を「今日」渡されたからです。今日は、プロコース3日目。この講座を受けはじめて50時間ちかくたっている。よその講座なら、きっと何もわからない受講者にまず、この資料を渡し、1つ1つ出来るようにして行くんじゃないかなぁ。受講する側も、先にこれをもらったほうが安心。だって、何も知らなきゃ、何も出来ないそう思うんじゃないかなと思います。でも、例題のパターンを暗記しても、クライエントは100人いたら、100人違い、パターンにあてはまらにことの方が多いはずです。 謝意所から、“これを言えばいい”例文がない中、どんどん実践なので、私たちはわからないながら、必死に自分の声と相手の声を聞いて、ヒントを探して、感情、何か言おうとやってきました。心の動きを敏感にだせるために。“今日”配ることにしたのかな?!と思いました。 受けとって、やりこういうのがあると安心!と思いましたが、まる暗記しようとは思わず、沢山の視点をいただいたという気持ちで読んでいます. 先にもらっていたら、これしか言えない人になっていたかもしれませんね。 受ければ、うけるほど、藤本先生とこの講座の魅力に気づきがあり、嬉しくなります。今日も、ありがとうございました。(N.Kさん)

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-コーチング資格

「Photo by.空色地図」 ●変化に柔軟に対応できる力を養うファイン・メンタルカラー研究所のコーチング講座 http://fine-coaching.net/index.html ランキングに参加中!今日は何位かな?にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ ハッピー心理学!~人生に奇跡を起す潜在意識活用法~ http://archive.mag2.com/0000188064/index.html

一覧に戻る