一覧に戻る

コーチング講座の上級コースの感想

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 コーチング講座の上級コースではNLPも融合し、より質の高いコーチングができる授業構成となっています。 本質てきなことを楽しく学び、日常や仕事で実践してもらうことが、このコーチング講座の大きな狙いです。 受講生さんたちも、毎回コーチングを楽しみながら、でも、ちゃんと日常や仕事でも学んだことを実践してくれています。 トライアンドエラーを繰り返しながら。 頭でわかったことと、実際にやってみることは天と地ほどの差があります。 だから、ファインのコーチング講座は、」いつも、実践すること、自分の日常や仕事で使えるように学んだことをカスタマイズすることを受講生さんに伝えています。 コーチング講座参加者の声 ●今日は相手の利き感覚に合わせる!!ということで、NLPのVAKについて教わりました。自分がどんな効き感覚をもっているかを考えるのも面白かったし、相手の効き感覚に初めて集中してみたのもとても面白い体験でした。同じ人でも、その時々によって優先されている感覚は違うと思うので、その場で判断できるようになるのは難しいかもしれないけど、まずは、身近な人がどんな効き感覚をもっているかを観察して、相手のそれに訴えかける言葉を使えるようになりたいと思います。今まで、話がかみ合ってなかった人もこれを合わせることで、話が合うようになったらうれしいです。今日もありがとうございました。(N.Kさん) ●今日もとても興味深い講義でした。“コミュニケーションの達人”というタイトルからはじまり、V(ビジュアル型)A(オーディオ型)K(キネスティック型)私の中では、どれも少しずつ持ち合わせているので、自分がどの要素を一番強く持っているのかわからずにいて、みんなと話愛をしましたが、みんななかなか1つに定まらずに時間が過ぎていましたが、先生がすごくわかりやすく、指摘していただいて、みんなバラバラの要素を持っていることがわかって、すごく楽しかったです。自分について分析することがあまりないので、コーチングを学んでからは、自分と向きある事が多くなったなぁ~。と思いました。自分を知ることの大切さ、相手の知ることの大切さをいつも気づかされることが沢山あるなぁ~と思います。(S.Aさん) ●VAKタイプというのが存在していると知っているだけで、なんか楽な気持ちになりました。そして、自分と違うタイプの人にもなるべく合わせる事が大事なんだって改めて感じました!それに最近、自分のタイプでの見方でしか相手を見れてないなっていうのも気づきました。やっぱり、無意識に偏ってしまうものなんですね…。これも今後気をつけようと思いました。本日の反省としては、コーチ役の時に承認と繰り返しが長すぎるのを改めて指摘されて、また気づきました。意識してないとやっぱりダメですね。今日もありがとうございました。(K.Sさん) ●日常で使えるコーチングの力を養うファイン・メンタルカラー研究所のコーチング講座 http://fine-coaching.net/index.html ランキングに参加中!今日は何位かな?にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ ハッピー心理学!~人生に奇跡を起す潜在意識活用法~ http://archive.mag2.com/0000188064/index.html

一覧に戻る