一覧に戻る

コーチング講座 名古屋

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日は、コーチングの授業で生徒さんが差し入れで、かわいいどら焼きをいただきました! 今は、本当にいろいろな食べ物がありますね。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-コーチングスクール 名古屋

今日の、コーチング講座では、アイデンティティーを取り上げました。 コーチングは行動にフォーカスするものですが、実は、行動だけをみていても、なにも解決しません。 脳の仕組みそのものを理解し、行動を決定するもっと上の概念、「価値観」や「アイデンティティー」というものを深く理解しなければ、なりません。 人を深く理解しようと思ったら、表面的なことだけではなく、深い部分で何が怒っているかをしらなくては、本当のサポートでできないものです。 ●今日も楽しい講義をありがとうございました。今回のテーマ「アソシエイト」と「ディソシエイト」脳は経験・体験を思い出すときに2つのモードを使っているという内容で、すぐに自分自身にあてはめて考えました。私は常に「アソシエイト」の時が多くもうすぐ起こる楽しいことや、楽しかった出来事を内観します。でも主人にこの内容を聞いてみると「ディソシエイト」の時がほとんどのようで、すごく不思議な感じがしました。嫌な勘定に振り回されないのは、楽しい事、うれしいことは「アソシエイト」、悲しい記憶は「ディソシエイト」とありますが、自分自身をコントロールしていけたら、もっとらくになるかも…と思いました。いつも、今までに考えたことのない内容が多いため、「なるほど」と思うことがたくさんあります。自分を知って、相手を知ることの大切さを実感しました。(S.Aさん) ●今まで、アイデンティティーというのは、その人の個性だとだけ思っておりました。そういう意味もあるとは思いますが、今日の授業で、その人の行動が環境レベルにまで影響を及ぼしているというのがわかり、アイデンティティーってばかにできないと強く思いました。例で、話してくださったバナナマンの日村の女の子の話しとか、私も気を抜いていると陥りがちな木8がして、(自己評価が低いといわれるので)怖いと思いました。身の引き締まる重いです。逆にセールスマンさんの例だととてもプラスに働いて、自分も周りもhappyだし、健全な感じで私も目指すならこっちだなって思いました!今日も気づきDAYで楽しかったです。ありがとうございました!!(K.Sさん) ●「制限となる深遠を変化させる」のが面白かったです。「信念というたいていの人が「良いこと」とおもっている。」と聞いたとき、「えっ!当たり前じゃないの?」と思ったけど、ワークをやってみて、「良いことばかりじゃなかったみたい??」と気づいたのです。信念を必死で守ろうとするあまり、無理してその行動をとってしまったり、気持ちよくできない自分を責めてしまうことがあったのは、わかってたけど、守れない自分が悪く、信念は正しいと思い込んでいました。でも、自分の気持ちを制限していること自体「良いこと」ではなかったですね。その信念について冗談を交え論破されたり、しているうちに、何が何でも守り抜くものものじゃないなーと思えてきて、ちょっとだけズラすことで、それくらいならもっていいなと気持ちが楽な信念に変わりました。良いことだと思っている信念でも「いつも」では制限になる。柔軟性があってこと、機能するんだと体感したワークでした。ありがとうございました。(N.Kさん)

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ-コーチングスクール 名古屋

「Photo by.空色地図」 p.sあなたの信念があなたを突き動かしています。

一覧に戻る