一覧に戻る

伝える側が教えているのではなく、教わっている

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 「伝える側が教えているのではなく、教わっているのだ」ということについて、別の記事でもご紹介しましたが、最近、それを痛感します。 例えば、私は今、大学で就職支援をしていますが、履歴書やエントリーシートの書き方、面接のときの注意点など、さまざまなことを大学生にお伝えします。 でも、伝えることより、教わることの方が多いです。 例えば、私はずっとデザイン畑できたので、その方面は強いのですが、今は理系の大学生を支援しているので、建築を志す人は、どんな資格を取らなくてはいけなくて、どんなことを卒業研究でやって、どんなことに悩むのかなんてことも、学生から教わります。 自分が知らない分野の情報が入ってきます。そして、これは、話の聴き方にもよると思いますが、コーチング的な視点でとらえれば、情報の裏には必ず感情が張り付いています。 だから、相手の情報を知ることは、相手の気持ちを推測する情報も同時に手に入れているということになります。 私は、もともと人の気持ちに興味があるから、「その人が何に喜び、何に悲しむのか?」ということを考えるのが好きです。 人の気持ちに敏感になり、人の気持ちを知るということは、自分の気持ちもよく理解できるようになるということです。 なぜなら、相手も自分も人間であるということには、かわりがないから。 自分とは違う分野の人、違うタイプの人の良さが分かるようになると、知らなかった自分にも気づき、自分の良さにも気づくことができます。 相手と自分はつながっていることに、気づいた人だけが知りえる世界かもしれませんが…。

$人生がみるみる好転するシンプルな習慣

P.Sあなたが相手を知ることは、あなたの世界を広げることにつながります。 ダウンブログランキングに参加中!昨日は29位。今日は何位かな? にほんブログ村 経営ブログ コーチへ 自分が分る・人生を見つめ直すコーチング講座 http://fine-coaching.net/index.html 自分の夢を追い、人間関係を良くするコーチング講座 
【講座のスケジュール】 ◎2011年9月23(祝)10~17時 ◎場所 ナディアパーク9F
 (名古屋市中区栄三丁目18番1号ナディアパーク内 デザインセンタービル9階) 
★地下鉄名城線「矢場町」駅下車徒歩5分★ 
受講料:6,000円 コーチング体験講座の詳細はこちらから http://fine-coaching.net/coaching/coaching6.html コーチング参加申込フォーム

一覧に戻る