一覧に戻る

セールと赤の関係とは!?

こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日は、打ち合わせの帰りに、セントラルパークを歩いていると、セールのキャラクタークマさんを発見! なんと、全身「真っ赤」です。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

目立ってましたかなり! これは、カラー戦略としては、いいですね。 「赤」は、まず人の注目を集める色です。 そして、「「赤」を見ると私たち人間の瞳孔は開き、脈拍は上昇します。 つまり、興奮してきます。 セールですから、冷静になって、買い物控えをされては、お店側としては商売あがったりです。 だから、「赤」でお客さんを興奮させて、衝動買いに駆り立てたてたほうが得策です。 それに、「赤」「赤札」といわれるほど、店頭などでは、「安さ」をイメージさせる色でもあります。 だから、セールをアピールぴったりのカラーなんです。 物が売れなければ、景気は回復しませんから、セールのカラー戦略 大切ですよね!

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.sあなたは、もうセールに行きましたか?

一覧に戻る