一覧に戻る

真実の愛の4つの要素とは?

ダウンいつも、応援ありがとうございます。 まずは、カチッと応援クリックお願いします!  ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ こんにちは、名古屋のカラーとコーチングのスクールファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 フランスの作家は愛し合うとはお互いを見つめあうことではなく、二人が同じ方向を見る事だと行っています。 ティク・ナット・ハン師は著書で 「人は相手に自分に欠けていると思っている求める真・善・美を求める」 と語っています。 あなたに幸福が訪れる禅的生活のこころ―澄んだ思考と穏やかな心から生まれる「真の力」の使い方/ティク・ナット・ハン ¥2,310 Amazon.co.jp だから、間違った先入観で相手を見ることで、時が立つに連れて、相手は自分が求めていたような真・善・美を体現した人ではないと落胆し、愛するに値する人を探しまわる。 自分に欠けたものを相手に求めるのは間違い。あなたは何も欠けてはいないのですから。 そんなメッセージに溢れた本です。 この中で、ブッダの語った真実の愛についての要素の4つが著されています。 1. 他人に親切にし、幸せを提供できる力 2. 思いやりを示し、苦しみを取り除いてやる力 3. 日々の生活に喜びをもたらす力 4. 自他の区分をしない無分別の能力 真の愛のある所は、「無分別智」他人の痛みは自分の痛み、他人の幸せは自分の幸せと感じる態度があることだと。 自分の個人的な必要を満たすために、相手を消費するような態度は愛ではないと。 これは、人間関係でも、就職活動でも何でも同じだと思います。 自分の欲求を満たすためだけに相手や会社に近づこうとするなら、幸せな結果を得る事はできません。 4つの愛の要素を大切に、人や物事に接していけること、そんな教育が今ひつようなのかなって感じています。

$一番楽しくカラーと心理学を活かしたコミュニケーションがわかるブログ

p.s.あなたに欠けているものはありません。だから相手に求めるのではなく、与えてください。 ダウン ランキングに参加中!昨日は7位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る