一覧に戻る

40代の白Tシャツは鬼門って?!

 

40代の白Tシャツは鬼門?!

昨日は気持ちの静め方を紹介しました。女性が簡単に気分を変えるとしたら、服を変えるという方が多いのではないでしょうか?

夏はTシャツの出番が多い季節。ある雑誌に「40代の白Tシャツは鬼門」という文字が…。普通に着るとだらしなく見えたり、体の線が出るようなものもちょっと…。一体、大人女子はどうすればいいの?

若者より気を使わなくていけないなんてめんどくさい!

ということで、少し解決策につて今日は書いていきます。

大人白Tシャツのオススは?

よく言われる大人にオススメの白Tシャツは

 

1.ビックシルエット

2.地厚

 

これは、崩れがちなボディーラインを隠してくれるという意味で勧められることが多く、正解ではあるのですが、全員がこれがハマるかというとちょっと違います。

 

大人は体型のお困りポイントは2つ

1.ポッチャリ

2.痩せすぎて貧相に見える

 

この場合は前者のポッチャリさんにはいいのですが、痩せすぎ貧相さんには向きません。

白Tシャツの悩みを骨格診断で解決!

最近本当によく雑誌でも紹介されるようになった骨格診断。白Tシャツも骨格診断タイプ別で選んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

骨格診断とは生まれつき持っている骨格や筋肉・脂肪のつき方などから3タイプに分類されます。

 

 S.ストレートタイプ

上半身に厚みのあるグラマラスボディーのストレートタイプはVネックで、ジャストサイズのTシャツがお似合い

 

W.ウェーブ

華奢で柔らかい質感のスレンダーボディーのウェーブ。Tシャツは少しコンパクトなタイプやデザイン袖などがオススメ。

 

N.ナチュラルタイプ

骨ぽさなどフレーム感のあるスタイリッシュボディーのナチュラルタイプ。体の線が出ないビックシルエットでカジュアルなものがお似合いです。

ビックシルエット全盛の今、骨格診断の応用は?

骨格診断の3タイプの基本的に似合うTシャツは上記のようなものです。でも例えば、ストレートのVネックでジャストサイズは無印良品などにいけば定番としてありますが、やはり「流行りのビックシルエットを着たい」というお声もよく聞きます。同様にウェーブは華奢な上半身ですからビックシルエットは体が泳いでしまって似合わないとされています。でも、ビックシルエット着たい時ありますよね?

 

ファッションのタイプ分けや食べ物とかでもそうだと思うのですが、私は大切なのは「こだわるけど、囚われない」ことだと思います。

ガチガチにタイプにとらわれず、臨機応変におしゃれを楽しんでいただきたいものです。

ビックシルエットTシャツを骨格診断タイプ別に着こなす

例えばビックシルエットを着るとなると、妥協策という感じはありますが。

 

ストレートさんはVネックで縦開きを意識して、出来るだけシンプルなデザインのものを

画像:wear

 

ウェーブさんは袖に透け感があたり、甘さのある白Tシャツがオススメ。

 

画像:wear

画像:wear

 

ナチュラルさんは元ものビックシルエットがお似合いなので、ガンガン着てください!

1つ私なりのポイントをお伝えすると襟元のデザイン?縫製?とかもイメージを左右します。

 

こんな風に襟元のラインが太いものはよりカジュアルに見えます。

 

 

こちらのように襟のラインが細いものの方が女性らしく見えるので、ナチュラルでもカジュアルすぎず大人っぽさを出したいときは、細いラインがオススメです。

 

P.S.ファッションは囚われずに楽しんでください!

 

2019年7月31日骨格診断ファッションアナリスト養成講座開催!

 

 

一覧に戻る